In vino veritas(酒に真実あり) PISPORT〜SBRB〜 

2011 Tour de 直江津・糸魚川 st.1

HomeAbout usMemberReportBlogWearBBS

PISPORT 2011ツーリング

【参加者】
ちゃまさん、やっちゃん、はっしーさん、なういさん(往路のみ)、浜ねぇ(復路のみ)、まさるさん
【決行日】
平成23年8月27・28日(土・日) 出発はAM2:00 日野橋先集合
【宿泊施設】
ルートイン糸魚川 (シングル禁煙 @6600 朝食付き) 自転車はロビーに(鍵が必要) 
【持ち物】
財布、携帯(ジップロック)、デジカメ(ジップロック)、カラーコピーした地図(ジップロック)、ウインドブレーカー(モンベル90g・ジップロック)、輪行袋(モンベル・ジップロック)、ベントーBOX(食糧のほか)
【装備】
ライト(前1後1)、ロングボトル2、ポンプ、パンク修理工具&スペアチューブ2、サングラス、常備薬(頭痛薬バファリン、胃腸薬ストッパ)
【服装】
バイクジャージ上下(半袖ピンク・ビブ)、インナー、半指手袋、靴下、サイクルキャップ
【あらかじめホテルへ送ったもの】
Tシャツ(チーム黒Tシャツ)、短パン、靴下、ビーサン、スポーツオイル、眼鏡とコンタクト、目薬、クエン酸顆粒、アミノバイタルゼリー、粉洗剤、日焼け止め、ワセリン、復路地図、(ビブパンツと靴下も送ったが、使用せず)

 夏のPISPORTチームイベント!!今年で5回目となるツーリング。毎回コースに工夫を重ね、飽きないよう、また達成感があるコースを企画している。

 東京から新潟県上越市の直江津まで、片道300kmを一日で走ってしまおうという内容だ。

 2007 軽井沢(旧碓氷峠)-草津白根渋峠-直江津(2名)
 2008 十石峠-長野市-直江津(4名)
 2009 八ヶ岳-菅平-直江津(4名)
 2010 軽井沢(和美峠)-草津白根渋峠-直江津(8名)

 2011の今年は5回記念なので、2日で往復することにした。いつもは2日目は直江津から山岳コースを越後湯沢まで美しい棚田を見ながら険しい山岳コースを100kmほど走って、温泉に入ってから新幹線(輪行)で帰宅していたケド。

 往復(2日で)600km。まさるにとっては未知の距離である。このため、疲労で困難が予想される復路(2日目)のコース難易度を下げることとし、往路も、できるだけ早めに直江津に到着できるよう、難易度を下げてみた。

そんなこんなで事前に企画したコースは、、、、(ツーリングマップル関東甲信越版を併せてご覧ください)

☆ 往路(1日目)
 東京(立川)から、飯能を抜け、県道30号(飯能寄居線)で小川、√254で寄居、児玉、吉井、富岡、下仁田をとおり、和美峠で軽井沢まで。浅間越えから、北軽井沢、ここから県道235(大笹北軽井沢線)で√144で鳥居峠。菅平から須坂に下り、小布施、信州中野、飯山、新井、直江津へ。さらにここから海岸線を糸魚川まで行くこととし、距離はおよそ350km

☆ 復路(2日目)
 糸魚川から、√148で小谷、白馬、青木湖、木崎湖、信濃大町、松本、ここから√20で塩尻峠、諏訪湖、茅野、富士見峠、韮崎、甲府、笹子トンネル、大月、大垂水峠、高尾の、いわゆる糸魚川ファストラン(280km)の逆コース。

 事前に参加表明があったのは7名でしたが、前日(8/26)夕方から夜にかけての豪雨等諸事情(解熱剤を飲んで、最後の最後まで粘ったメンバーもいた)により、集合地点である甲州街道(日野橋先)と新奥多摩街道交差点に集合したのは、、、、やっちゃん遅刻で、5名となった。ちなみにまさるは前日は22:30消灯、翌01:00起床だった。

東京都から中軽井沢(群馬県)まで


東京から飯能、小川、寄居を抜け、上州富岡、下仁田、和美峠を越えて中軽井沢まで。


 

交差点で若い人たちに写真を撮ってもらい、予定どおり2:00出発。前日心配された雨はほとんど止み、路面も乾きはじめている。天気予報では埼玉・群馬は曇&雨予報だが、長野・新潟は晴れ。前半の天気を心配しながら新奥多摩街道を進む。



昨年と同じように、笹仁田峠(手前ファミマで5分程度補給)から飯能に抜ける。快適な気温(恐らく22〜23℃くらい)なのと、絶好調なやっちゃん&はっしーさんの無茶引き(30〜35km/h)でドンドンペースが上がっていく。ここまでは、ほぼ二人の先頭交替で進んでいく。

あの〜。往復600kmなんですけど・・・



5:05に児玉のミニストップで小休止(15min)。休憩している間に夜が明けてきた。



雲は広がっているものの、雨は大丈夫のようだ。



この先、まさるが痛恨の道誤り。√254直進のところを、うっかり「神流」の標識を見て、左折して√462に入ってしまう。

しばらくしてやや上り基調。いつもと違う雰囲気&景色。金鑚大師の先でルートを修正し(浄法寺で右折)、最小限のロスで吉井方面に戻ることができた。貴重な時間を皆さまスミマセン。

√254は順調そのもの。なんといっても太陽が顔を覗かせず、気温が低いのがとても走りやすい。

6:45いつもの上州富岡のセブン(トイレ2つ)でサクッと小休止。



ここから下仁田までは、微妙なやや上り区間が続く。まさるのサドルバッグが後輪に巻き込まれ、危うく後輪バースト=DNFの二文字がよぎるも、なんとか無事。(音は凄かったけど)

ナウイさんが、前半のやっちゃん&はっしーの高速練習に付き合ってしまったツケなのか?やや遅れ始める。ナウイシフトはないのか?



姫街道を順調に走る。全く暑くないため、ここでの休憩はなし。止まっただけ。



下からのアングルで、お尻の大きさ狙ってみました。(笑)



ここから、5.5kmの本格的な上り(和美峠)、はるか上に見える上信越道路の下をくぐり、さらにその上まで行くと、軽井沢だ。



ナウイさんとおしゃべりしながら上っていく。



結構上ってきた。さっきくぐった上信越道路が、向こうに見える。



道路の斜度が緩やかになって、しばらくすると・・・・



8:50 和美峠に到着する。



少し下ったコンビニ(トイレ故障)で合流し、その次の、地味なファミマ(イートイン有。トイレ2つ。綺麗)で小休止。9:05到着。





このリンゴが相当美味しかったようだ。

9:25にコンビニを後にする。細かな雨が降り始めたので、ウインドを羽織る。途中の気温計は19℃〜21℃を表示。汗で濡れたウエアは、かなり涼しい。

次は、浅間越えです。続く

 ※ st.2 後半戦(往路2)に続きます。

このページのトップへ

st.2へ続く・・・

ホームへ

inserted by FC2 system